当ブログは、アフィリエイトプログラムにより商品をご紹介しています。

プレゼントのセンスない彼氏に困惑…次回からがっかりしない為の具体策!

恋愛

プレゼントのセンスがない彼氏だった場合、今後もこれが続いたらどうしよう…と正直少し困ってしまいますよね?^^;

彼のプレゼントに「え…」と思ってしまった場合は、

「さりげなく気づかせる」「言葉を選びつつもはっきり伝える」

という対処をする方が多いようですよ。

 

彼もおそらく悪気があるわけではないし、指摘するのも可哀想…と思ってしまいますよね。

でも、次に何かイベントやお祝い事があったときにまたこうなるかと思うと、それはそれでちょっとモヤっとしませんか?

そこでこの記事では

  • 彼氏からのプレゼントのセンスがなかったときは指摘してもいいのか?
  • 彼に伝えるときはどのように伝えるのが良いのか?
  • 次回からは彼に“自分の欲しいプレゼント”を貰う方法(笑)

などを詳しくご紹介していきます。

 

彼からのプレゼントや気持ちは嬉しいけど、正直使わないようなものを貰って困っている…
今後もセンスのないプレゼントを貰ってしまった場合はどうすればいいの!?

とお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

プレゼントのセンスない彼氏…本音を伝えてもいい?


まずは彼氏へプレゼントのセンスがないことをはっきりと伝えてもいいのか?について詳しく見ていきましょう。

早い段階で彼に本音を伝えるべき

彼氏にセンスのないプレゼントを貰って正直がっかりしてしまったとき、そのことを伝えてもいいのか、伝えない方がいいのか…

この問題については、彼に本音を伝えても良いのではないでしょうか

 

彼もきっとあなたのことを考えていないわけではなく、「喜んでくれるはず!」と思ってプレゼントを選んでいるとは思います。

しかし男性は相手の好きそうなもの・欲しいものよりも「自分のあげたいもの・欲しいもの」を贈る傾向があるようなのですね。

そこで、できれば貰ったプレゼントが正直あまり趣味ではないことを伝えてしまい、彼に気づいてもらった方が良いと思うのです。

言わないと一生気づいてもらえないでこのままの可能性が高いですからね^^;

 

「せっかく選んでくれたのに、そんなことをはっきりと言うのは可哀想かも」という気持ち、

「でもこれがずっと続くとちょっときついかも…」という気持ち

両方あると思います。

 

しかし本音をしっかり伝えていかないと、

  • 正直いらないプレゼントを毎回貰うあなた
  • せっかくプレゼントしたものを一つも使ってもらえない彼

どちらにとっても今後良いことはないのではないかと思いますよ。

彼氏への本音の伝え方

彼のプレゼントに「え…」と思ってしまった場合の伝え方としては、「さりげなく気づかせる派」と「はっきり伝える派」で分かれます。

それぞれ詳しくご説明していきますね。

さりげなく気づいてもらうようにする派

センスがないということを伝えずらい場合は、自分の趣味のプレゼントに近づくようにさり気なく誘導していくのが良いですね。

たとえば

  • 自分の趣味を雑誌やお店などで伝えてみる
  • プレゼントを一緒に買いに行くように導く

など直接センスについては指摘しないけど、次回からプレゼントの選び方を改善してくれるように試行錯誤するということです。

 

センスはそう簡単に変わるものではありません。

でもはっきり伝えるのは気が引けるということであれば、あなたが上手くこちらのセンスに合うプレゼントを選んでくれるように導いていくのがおすすめですよ。

 

プレゼントのセンスに限りませんが、はっきり伝えないにしてもお互いの価値観をすり合わせていくことは大事なことですよね。

今後もお付き合いしていくことを考えているなら一回のプレゼントだけで判断せず、あなたが少し大人になり彼をさりげなく導いてみましょう!

言い方に気を付けつつはっきり伝える派

彼を傷つけないように言葉を選べば、ストレートに趣味ではないことを伝えることも可能です。

はっきり伝えるとはいっても、「センス悪いよ!」というストレート過ぎる言葉はいけませんよ。(笑)

こういった場合は「気持ちはとても嬉しいんだけど、ちょっと趣味ではないかな」くらいの方が関係や雰囲気を悪くせずに済むでしょう。

「趣味でないものを貰っても、使わないともったいないから…」
「できればあなたから貰ったものはずっと使いたいから」

という感じではっきり伝えるという人も多いですよ。

 

ただしこれはプレゼントを貰ったときにその場で言うのではなく、普段から「私はそういう考えなのだ」ということをあくまでポジティブな感じで伝えておくという感じですね。(プレゼントを貰った際は、お礼はしっかり伝えておきましょう!)

やはりはっきり伝えるにしても、これからもお付き合いをしていこうと考えているなら彼をなるべく傷つけないよう言い方に配慮は必要です。

できれば付き合い始めてすぐに、自分の考えを伝えてしまえればいいですよね。

 

価値観が合わないことを理由に見切りをつけるということでなければ、今後もお付き合いを続けるうえで伝えておかないとあなたがずっと我慢することになります。

クリスマス、誕生日、記念日…などその都度モヤモヤするのも辛いですし、使わない物ならばお金も物ももったいないです。

なので、今後の関係のためにも思い切って伝えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

「あなたからもらったものは大事にしたいから」
「あなたが一生懸命選んでくれたプレゼントも気持ちはすごく嬉しい」

というのを強調しつつ伝えてみてくださいね^^

プレゼントのセンスない彼氏から欲しいものを貰う方法


どうせ貰えるならやはり自分の欲しいもの、趣味に合ったものだとより嬉しいですよね。

彼から欲しいものを貰うためには、先ほどお伝えしたような

  • 自分の趣味をさりげなく伝えていく
  • 一緒に買いに行く展開にもっていく

という方法に加え、

  • 欲しいものを素直に伝える
  • お互い欲しいものを申告する制度にする

というのも有効ですよ。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自分の趣味をさりげなく伝えていく

これはちょっと時間がかかるかもしれませんが、先ほども書いた通りさり気なく彼に気づいてもらうようにしたいときに有効です。

一緒に買い物に行ったときやテレビを見ているとき、雑誌を見せながらなど、普段から

「こういうの良くない?」
「こういうデザインが好きなの」
「これ欲しいな~!」

など彼に伝えてみましょう。

少しずつあなたの趣味に合うように彼を導いてあげてください^^

 

相当鈍感でなければ、「じゃあこれ今度の誕生日にプレゼントしよう」と思ってくれる(または言ってくれる)可能性が高くなります。

あなたの話を覚えていて実際に欲しいものをプレゼントしてくれたら、いっぱい喜んであげてくださいね!

この方法は付き合いはじめなど、まだお互いはっきり意見を言える関係ができていない段階でも使いやすいと思います。

一緒に買いに行く展開にもっていく

「こういうのが欲しいな」と伝えるだけではなく、「デートしながら2人で選んだら楽しそう♡」などさりげなく一緒に買いに行けるように導くのも良いですね。

これならただ欲しいものを伝えるだけよりも、「デートしたいから」というのを全面的に出せば伝えやすいと思います^^(笑)

 

男性は好きな子のお願いは叶えてあげたくなる方が多いと思いますので、して欲しいことは遠慮せずに伝えてみましょう。

欲しいものを素直に伝える

できれば「これが欲しい!」と伝えてしまうというのが一番失敗がない方法でしょう。

基本的に男性は相手の思ってることやしてほしいことを察するのが苦手・できないと思っておいた方が良いです。

たとえ自分より人生経験のありそうな年上の方でも、気の利くプレゼントができる男性というのはそう多くないと思います。

なので、

「女の子はこんなものが欲しい、こんなものが好き」
「こういうことをしてもらえると嬉しい!」

というのをあなたが教えてあげましょう^^

 

いつもセンスないプレゼントばかり…とショックを受けたり溜め込んでのとのち怒ったりするより、はっきり言ってあげる方がお互い気分も悪くなりません。

言い方を工夫して少し甘えた感じでお願いしてみたり、彼の機嫌の良さそうなタイミングを狙ってみたりすると良いでしょう。

彼の叶えられそうな範囲でお願いするくらいなら嫌な感じにならず、自然に彼に本心を伝えることができると思います。

お互い欲しいものを申告する制度にする

さり気なく伝えるだけじゃ多分伝わらなそう…というちょっと鈍感な彼には、お互い欲しいものを申告しそれをプレゼントすることを提案してみましょう。

あなたが彼にプレゼントを贈る機会に、

「欲しくないものを贈ったり貰ったりするより活用できるものの方が嬉しいから、今度からお互い欲しいもの教えることにしようよ」

と提案してみてください。

「せっかくのプレゼントはちゃんと使ってほしい(使いたい)から」という気持ちがあることを伝えてみましょう。

サプライズ好きの彼氏の場合…

ただこの方法のデメリットは、サプライズをしたがる男性には了承してもらえない可能性があることです。

そこで彼がサプライズ好きな場合は、一緒に買い物に行ったときやテレビを見ていて欲しいものが映ったときに欲しそうな雰囲気を出してみましょう。

この時はっきり言うのではなく、さりげなく彼に気付かせるのがポイント。

 

上手くいけば、それをサプライズでプレゼントしてくれるかもしれません。

もしプレゼントしてくれたら「私の欲しいものがわかるなんてすごい!」と言って喜んであげれば、彼もサプライズが成功し喜んでくれると思いますのでwin-winです!

彼のタイプによって使い分けてみてくださいね。

彼氏から貰ったプレゼントが嬉しくない時どうする?


彼氏からのプレゼントが自分の趣味ではなかったり正直あまり嬉しくないものだったりした場合、その物の行方をどうすればいいか迷いますよね。

特にアクセサリーや時計、バッグ、財布など身につけるもの、持ち歩くものだと使わないのも不審に思われてしまいそうです…

 

彼氏からの趣味に合わない身につける系のプレゼントは

  • 彼の前でだけ身につける
  • 自宅に保管して外では付けない

のどちらかで対処している方が多いようです。

 

本当に不要だと判断したら処分してしまうという意見もありますが、こちらは少数派。

もしかしたら彼に「前にあげたアクセサリーどうしてる?」と聞かれることがないとも限りませんからね。

ではそれぞれの対処法について見ていきましょう。

彼氏の前では身につける・使用する派

彼の前でだけ使用するタイプは

自分の趣味じゃないし正直あまり身につけたくないけど…でも彼がせっかく自分のために選んでくれたから

と彼の気持ちを考えて、せめて彼と一緒にいるときくらいは身につけよう…という意見が多いです。

せっかく彼から貰ったからといっても毎日身につけなければいけないわけではありませんし、彼と一緒にいる時くらいなら趣味ではなくても着けられそうですよね。

 

財布やバッグなどはちょっと面倒でも

  • 彼氏とデートのときはプレゼントで貰ったもの
  • 普段の買い物や友達と遊ぶときは自分の好きなもの

と分けている方もいるようです。

とりあえず自宅で保管する派

彼の前でも身につけたりはしないけど、捨てずに持っているタイプは

いくら好きな人から貰ったものでも、気持ちがこもっていることがわかっていてもやっぱり趣味ではないものは身につけたくない…

と自分のファッションを貫く芯のあるタイプの女性に多いです。

しかし好きな人から貰ったものを捨てるというのもやはり心が痛みますし、使用するという目的ではなくても大切にしているということですね。

 

プレゼントを貰ったときはもちろん笑顔でお礼を言うけど、使わずにドレッサーの中やクローゼットの中にしまってあるという感じみたいです。

また身につけはしないけど、彼が家に来たときに見える位置に飾っておくという意見も。

これなら身につけなくても彼を傷つけずに済みそうですね。

【少数派】時間を置いて処分する派

こちらの意見は多いわけではありませんが

  • 本当に困ったものを貰ってしまったとき
  • どう考えても今後使うことはないであろうものの場合

などは貰ってすぐではなくても、そのうち写真に撮ってから処分してしまうという人もいるみたいです。

売れる物なら売る、売るのが手間なら捨てるなど。

 

「サプライズ好きの彼氏」や「彼女の好みより自分があげたいものを優先する彼氏」の場合は、いろいろ対処しても自分の趣味や本当に欲しいものをわかってもらうのはなかなか難しいのかもしれませんね。

『プレゼントは気持ちが大事でしょ』という意見はごもっともですが、貰った時点でそのプレゼントをどうするかは貰った人の自由という意見も。

彼氏からプレゼントについて聞かれた時の返し方


おそらく彼も嫌がらせではなく、あなたに喜んでもらえると思ってプレゼントを贈っていることでしょう。

しかし実際趣味ではなかったり、センスが悪かったりする“身につける系のプレゼント”の場合、

「俺があげたあのプレゼント使ってる?」

なんて聞かれてしまうと、ドキッとしますよね…^^;

 

そこでもしそう聞かれてしまった場合、なんと返せば彼を傷つけずに済むか考えてみました。

「なくすのが怖いので家で着けている」

これは一番彼も納得してくれる理由なのではないかと思います。

  • 「なくしちゃったら困るから、家で着けることにした」
  • 「どこかに忘れたり、落としちゃうと悲しいから、家にいる時だけ着けようと思うんだけどどうかな?」(実際は着けていないとしても)

など大切にしていることを伝えつつ、家では着けていると伝えておけば彼も「そういう理由なら…」と言ってくれる可能性が高いでしょう。

「きれいな状態で取っておきたい」

こちらも先ほどと似ていますが、

  • 「壊れたり汚れたりするのが嫌だから、自宅に飾っているよ!」
  • 「なんかもったいなくて外では使えないんだよね」

など使ってはいないけど大切に保管している旨を伝えてみましょう。

先ほども書いたように彼が家に来た際に見える場所に飾っておくと、より信用してもらえますし彼を傷つけずに済みます。

 

アクセサリーならこんな感じ↓のちょっとしたジュエリーケースのようなものに入れて、持ち歩いて彼に指摘されたらそれを見せるなどもありですね。

 

これくらいなら、いくら趣味ではなくてもできるのではないでしょうか。

とにかく大切にしてくれているというのがわかれば、彼も嫌な顔はしないと思いますよ。

「コーデによって使い分けている」

これはとっさの時などに使えます。

「服装に合わせてアクセサリーやバッグを選んでいるから…」

と言っておけばとりあえずその場は収まるでしょう。

ただ毎回言うと、不審がられてしまうかもしれませんが…^^;

 

しかし「自分はファッションやアクセサリーにはこだわりを持っている」というのを彼に伝えていくのは今後のためにも良いと思います。

  • こういうテイストが好き
  • こういう服が多いからアクセサリーもこんなものが多い

などさりげなく彼に教えておくと、次のプレゼントはそういうものを選ぼうと思ってくれる場合もあるでしょう。

プレゼントのセンスない彼氏への対応まとめ

彼氏から貰ったプレゼントが正直センスがなくてがっかりしてしまった…という場合、できれば貰ったプレゼントが正直あまり趣味ではないことを伝えてしまい、彼に気づいてもらった方が良いでしょう

言わないと一生気づいてもらえないでこのままの可能性が高いですし、今後のお付き合いを考えてもしっかり本音を伝えていかないと、

正直いらないプレゼントを毎回貰うあなた
せっかくプレゼントしたものを一度も使ってもらえない彼

どちらにとっても良いことはないのではないかと思いますので。

 

彼への本音の伝え方に関しては

  • はっきりは言わないが気づいてもらうようにする
  • 言い方に気を付けつつはっきり伝える

などあなたや彼のタイプによってできそうな方法を選んでみてくださいね。

 

はっきり欲しいものを伝えられるならそれでいいと思いますし、察してよ!というのは無理だと割り切りましょう。

もしはっきりと伝えられなくても少しずつ自分のセンスや欲しいものに近づけるよう、彼とコミュニケーションを取るのも大事なことですよね^^

できれば一生懸命プレゼントを選んでくれた彼の気持ちも汲みつつ、自分も無理しない程度に収まるようこれらの対処法を思い出してみてくださいね。

コメント