当ブログは、アフィリエイトプログラムにより商品をご紹介しています。

どこまで親が介入していい?小学生で意地悪な子がいた時のベストな対応

子育て

小学生の子供が学校で意地悪な子に嫌なことをされたときの対応としては、意地悪の内容や子供の様子によっては、すぐに先生に相談すると良いですね。

特にお子さんが低学年の場合は、まだまだ友達同士の問題の解決に大人の力が必要なことも多いです。

なので親が介入することも問題ないと思いますよ^^

 

しかし自分の子供の話だけを鵜吞みにして、すぐに先生に相談するのは少し待ってくださいね!

子供は自分に都合の良いように話してしまうこともあります。

もしかしたら子供同士で意見や認識の食い違いがあり、さらなるトラブルに発展してしまうこともあるかもしれませんので、まずは冷静に話を聞き、状況を整理することが大事です

 

そこでこの記事では、

  • 子供が意地悪されたときに親ができる対処について
  • 先生に相談するときの注意点
  • 意地悪されて悲しい思いをしている我が子への対応

などを詳しくご紹介していきます。

 

小学生の子供を持つ自分の経験を元にまとめてみましたので、

子供がお友達や上級生などに意地悪されたと言っているが、子供同士のことに口は出さない方がいいのか…?
親はどこまで手を貸してあげるべきか?

などお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

小学生で意地悪な子がいたらどう対応する?

もしお子さんが

「こわくて意地悪してきた相手に言い返せない」
「また意地悪されたら嫌だから、学校に行きたくない」

と言っている場合などは、すぐに対処してあげるのが良いですね。

 

我が子が意地悪されたと聞いたら親としてはとてもモヤモヤした気持ちになりますし、今すぐにでも相手の子や親に文句を言ってしまいたくなりますよね。

しかし子供同士のことに親がどこまで口を出していいのか、迷うところだと思います。

「嫌なときは嫌だと相手に伝えようね」「意地悪する子とは無理に仲良くしなくてもいいんだよ」などと伝えて解決できればいいのですが、お子さんも人間関係を学んでいる最中なのでそんなに簡単に割り切れないことも多いでしょう。

なので無理をして学校自体が嫌いになってしまう前に、すぐに親が手を貸してあげるというのは問題ないと思いますよ。

いきなり先生に相談してもいいもの?

学校生活で気になる点がある場合はまず担任の先生に相談するというのがベストだと思うので、子供から事情を聞いてすぐに相談するという形でも良いでしょう。

私も実際に子供が同級生の子に意地悪をされたと泣きながら帰ってきたことがありますが、その時は

  • まず子供の話を聞き、どうするか相談して様子を見る
  • 後日同じようなことが起きたので先生に相談する

という段階を踏みました。

そのときは、我が子が正義感からルールを破ったお友達に対して注意したことで相手の反感を買ってしまい、仲間外れにされてしまったとのことだったので、子供と話し合い様子見という対応を取ることにしたのです。

 

しかし意地悪の内容や子供の様子によっては、すぐに先生に相談してしまうのも問題ないと思いますよ。

とにかく、子供が安心して学校に通えるように相談しつつサポートするのが一番ですね。

まずは子供と話し合い、様子を見る

意地悪の内容がいじめといえるような段階でないなら、お友達との問題を解決する力を身につけてほしいのでとりあえず様子を見る…という親御さんも多いようです。

まずは子供の話をしっかりと聞き、なるべく状況を整理し把握することが大事ですね。

小学校低学年くらいの子だと、自分に都合良く話してしまう場合もあります。

 

子供も悪気があるわけではないと思うのですが、よくよく話を聞いてみると「その部分に関してはあなたも悪かったね。だから○○ちゃんも怒って意地悪してきたのかも…」というような真実が見えてくることもあるのですね。

そのため新たな誤解や争いを生まないためにも、できる限り状況を整理しておきましょう。

そして様子を見るか、先生に相談するか決めると良いですね。

 

様子を見ることにした場合は

「また意地悪されたらすぐにお母さん、お父さんに言ってね」
「お母さんたちは○○ちゃんの味方だからね」

ということを伝えておきましょう。

状況が変わらない場合は、担任の先生に相談するのがベスト

お子さんが安心して学校へ通える状況でない場合は、すぐにでも担任の先生に相談してみてくださいね。

まずは連絡帳で知らせてみてもいいですし、話がうまく伝わるか不安なら電話でも良いですね。

私は放課後の生徒が下校した後の時間帯に電話をかけました。

 

意地悪された内容を説明し、学校に行きたくなくなってしまっていることを伝えましょう。

「お忙しいと思いますが、お力添えをお願いいたします」というような感じであくまで低姿勢で。

またこのとき、お子さんにも「先生に相談してみようか」と事前に伝えておくと良いと思います。

 

先生によって対応は様々だと思いますが、相手の子を含めみんなで話し合いをして解決できることもありますし、意地悪をしているのを先生が目撃したらその場で注意してもらうこともできるでしょう。

学校で先生とお子さん、意地悪してきた子を含めて話し合いが行われた場合、

  • 話の内容に間違いはなかったか?
  • お子さんだけが悪者になっていなかったか?
  • 先生はどのように話してくれたのか?

などをお子さんに確認してあげると良いですね。

 

稀にですが、先生によっては片方の話を信じて「あなたにも悪いところがあった」という風に持っていき無理矢理解決する場合もあります。

相談したことによってお子さんが余計に傷つかないように、先生に相談した後のフォローもしてあげるとより良いのではないでしょうか。

学校に相談するかはお子さんの意思を尊重する

ただし子供自身が「学校や相手の子に言わないでほしい」と言った際は、心配でもとりあえずは親が口を出さない方が良いですね

たとえ低学年の子供でも自分の意見や考えが出始める子もいますので、本人が望んでいないならあまり介入するべきではないですよね。

 

しかしもし子供が、自分ではどうすればいいかわからないけど、相手の子に伝わるのは怖がっているという状況だったら、先生にだけ事情を話し「少し気にかけておいてほしい」ということを伝えるという方法もアリだと思います。

意地悪する子も悪いことだという自覚がある場合もあり、大概先生が見ていないところでそういったことが起こるのですよね。

なので先生が気づけないということも多いのです。

 

私の友人に学校の先生をしている人がいるのですが、「自分のクラスの現状を把握するためにも、そういったことは言ってもらえた方が助かる」と言っていましたよ。

実際に意地悪の瞬間を先生が見ることで、どこに問題があるのか、どう対処したら良いのかも見えてきます。

なので気になる場合は意地悪してきた子に注意する・しないに関わらず、こっそり相談しておくのはアリだと思いますよ。

 

家庭訪問や面談が近ければ、そのときに話しておくと良いでしょう。

相談実績があると、今後もし大きな問題に発展してしまったときにも有効です。

子供が低学年の場合の対処

お子さんが低学年の場合はまだまだ親が手を貸したり、先生に対応してもらったりすることでお友達との付き合い方などを学んでもらうという場面も出てくるでしょう。

低学年くらいだと、まだ「陰湿ないじめ」とまではいかない場合が多いと思います。

それでも意地悪がいき過ぎると怪我を負わされたり、持ち物を壊されたりなどの可能性なども考えられますので、気になることがあれば先生に相談して早めに対処した方が良いですね。

 

意地悪に関しては「いじめに発展する前の芽のうちに摘んでおくこと」が重要だと考えている先生もいるので、早めに行動するのがベストですよ。

低学年くらいの子供だと、先生の話も素直に聞き入れる子が多いです。

また「先生や親に言いつけたな!」と意地悪がさらにひどくなるというようなこともまだ少ない段階ですね。

 

特に一年生などの場合は、まだまだ大人が教えてあげないとわからないこともたくさんあります。

「こういうことをすると相手は傷つくんだよ」というのを学んでいくためにも、周りの大人が教えてあげる必要がありますよね。

なのでここは学校の先生にお任せしてみましょう。

 

年齢に関係なく意地悪な子はどこにでも多少はいるので低学年のうちはできることはしてあげて、あとはある程度は傷つきながら学んでいくしかないのかな…と思います。

子供が高学年の場合の対処

小学生も高学年になってくると、意地悪が陰湿化してきます。

園児や低学年の頃に比べると、明確な悪意を持って意地悪(あるいはいじめに近いこと)をしている子も多いのではないでしょうか。

なのでこの頃になってくると、先生や大人に注意されたことでさらに隠れて意地悪をしてきたり、エスカレートすることも考えられますので大人が介入するというのも少し難しいのですよね…。

また親や先生が出ていき、問題が大きくなってしまうとお子さん的にも「クラスで過ごしずらくなるかも…」などの不安もあるかもしれません

 

なので高学年になると、意地悪をしてくる相手とはなるべく関わらないようにしてうまくかわす…というような対処法を身につける必要があるかもしれませんね。

もちろんこの対処の仕方が正解ではありません。

 

人間関係の「合う・合わない」はこれから先、生きていくうえで何度も悩む部分だと思います。

もう高学年になると「みんな仲良く」というのが通用しなくなってくるのですね。

  • 一緒にいる相手は自分で選んでもいい
  • 合わない相手、嫌なことをしてくる人とは無理に仲良くする必要はない

というのを段々とわかってもらうようにするのが、結果的にその子のためになるのではないかと思うのです。

子供のうちから「合わない人からはすぐに離れる」「しょうもない人間はスルーする」というスキルを身につけておくのは後々役立つでしょう。

特に女の子の場合は、小さな嫌がらせなどには今後も遭遇することになると思います。

 

なのでもし意地悪されていることを相談されたら、まずは

「意地悪をしてくる子にこだわらなくてもいいんだよ」
「他に仲良くできそうな子はいないかな?」

というアドバイスをして様子を見たり、話を聞いてあげたりして、最終的には子供がどうしたいかというのを尊重してあげるようにしてみるのはいかがでしょうか。

 

ただし

  • お子さんが学校に行けないくらい辛い場合
  • 意地悪というよりいじめだなと感じる内容であった場合
  • 相談や愚痴を聞いてほしいのではなく、助けを求めてきた場合

などは、お子さんと「親に何かしてほしいことはあるか」を相談しつつ、学校側に伝えるなど、全力で力になってあげてくださいね

 

学校の対応によりますが、相談すれば

  • 席を離してもらう
  • 次の年はクラスを離してもらう

などの対処をしてもらえることもありますよ。

意地悪してきた相手への対応について

本当は意地悪してきた子やその親に直接話をしたい!という場合もあるかもしれませんが、今後の付き合いや子供の立場を考えるとためらいますよね。

意地悪してきた相手の子や親御さんに対して、直接話をしたり注意をしたりしてもいいものなのかについてもみていきましょう。

意地悪をする子の親に直接伝えてもいい?

結論からいうと、最初から意地悪してくる子の親と直接話すというのは避けた方が良いですね。

こちらが冷静に事実だけを伝えたとしても、相手が嫌な感じに受け取ってしまうと話がこじれて大きな問題に発展する可能性があるためです。

相手の親が素直に受け取って子供に注意してくれる人とは限りませんし、少し言い方は悪いですが、そもそも意地悪する子は親や家庭環境に問題があることも珍しくありません。

 

またたとえ元々仲の良いママ友であったとしても、我が子が悪者扱いされたとなると争いに発展することは十分に考えられます。

基本的には自分の子供の言うことを信じる親がほとんどだと思うので、直接話し合っても平和に解決するのは難しいのですね。

 

なのでやはり意地悪をやめてもらうように親が動く場合には、学校で起こったことであれば「まずは担任の先生に相談する」というのがベストです。

相手の親御さんに今回の件を伝えてもらうようにする場合にも、自分で直接ではなく先生から伝えてもらうのが良いでしょう。

意地悪をする子供自身に注意してもいい?

調べてみたところ相手の子供に直接注意する場合は、「自分が実際に意地悪の現場を目撃した時のみ」という親御さんが多いようです。

やはり子供は自分に都合が良いように話してしまうことが多いので、自分の子供の話だけを全て鵜呑みにして相手の子に注意してしまうと、後々トラブルに発展してしまうかもしれません。

しかし目の前で我が子に堂々と意地悪していたのであれば、「そういうことされると悲しいからやめてほしいな」など言い方に気を付けてやんわりとでも注意することができますよね。

 

特に

  • 怪我をするかもしれない場合
  • 他の人にも迷惑がかかる場合

など意地悪の内容によっては、直接の注意は全然アリだと思います。

他人のお子さんを注意するなんて勇気のいることですが、危ない場合などは身近な大人がしっかりと注意すべきでもありますよね。

どうしても注意した方が良い状況になったら注意し、学校の先生にも報告、相手の親にも伝えてもらうようにするのがスムーズでしょう。

 

またいきなり注意するのではなく、意地悪されていないときに「いつも仲良くしてくれてありがとう!」とあえて伝えることでも抑止力になることがあります

子供は素直なので、そういった声掛けをすると意地悪しずらくなるのかもしれませんね。

相談をしても改善されない場合

残念ながら担任の先生に相談しても、クラス全体に注意して終わりなど個別の対応をしてもらえず状況が変わらない場合もあります。

そんなときは教頭先生校長先生、それでもダメなら教育委員会などに相談することも考えておくと良いですね。

 

担任の先生以外の学校の上の先生でも、教育委員会でも必ず真摯な対応をしてもらえるとは限りませんが、まずは話してみないことにはどうなるかわかりませんからね。

意地悪されたときの自分の子供への対応

最後に意地悪されたときに我が子を励ましたり、気持ちを切り替えやすいようにするために親ができる対応についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

意地悪された子供への対応

冷静に話を聞く

子供が意地悪されたと落ち込んでいたり、泣いていたら親としては「うちの子に何してくれてんだ!」と心の中はざわざわしてしまいますよね…

しかしそれが子供に伝わってしまうと、余計に不安にさせてしまいます。

なので子供が話をしてくれたとき親は、

  • ヒートアップし過ぎない
  • 深刻になり過ぎない

ということに気を付けてみてくださいね。

 

子供は自分が傷つくよりも、お母さんやお父さんが自分のことで悲しむ方が嫌だったりします。

なので深刻に考えすぎない、また動揺などが子供に伝わらないようにするというのは大事かもしれません。

 

また、まずは否定せず、相手(意地悪してきた子)のことを悪く言わず、とにかく話を聞き我が子を肯定してあげることに徹するというのも重要ですね。

事実がどうなのか、我が子には非がなかったのかなどを整理するのは話を一通り聞いてからで大丈夫です。

安心させてあげる

こんなときに親がしてあげられることは、子供の不安を取り除いてあげることですね。

「話を聞く」「一緒に寝る」「美味しいご飯や好きなものを作ってあげる」「抱きしめてあげる」など、ただ話を聞き寄り添ってくれるだけでも安心できるものです。

 

そして必要であれば「先生に相談する」「子供が望めば学校を1日休ませてあげる」など時には手を貸して、守ってあげると良いと思います。

親が守ってくれた記憶というのは、これから生きていくうえで意外とずっと心に残ります。
(その逆でもし守ってくれなかったら、その記憶も残ります…)

なので何があっても味方でいてくれた親の記憶は、心の支えとなり頑張れることもあるのですよ^^

今後どうするかを一緒に考える

一通り話を聞いたら、今後どうすればいいのかを話し合うのも良いですね。

たとえば

「お母さんも協力するから、できることはやってみよう」
「嫌なことをされたらやめてと言えるようにしよう」
「もし言えない場合は助けを求めよう」

などお子さんの性格に合わせてできることを考えて、今回の出来事を前向きに持っていくと今後のお子さんのためにもなりますよね。

 

他にも

「本当につらい時は逃げてもいいんだよ」
「交友関係を広げるチャンスだと思っていろいろな人と仲よくしよう」

というようなアドバイスなども今後に役立つのではないでしょうか^^

意地悪されたとき子供になんと声をかける?

あなたの味方だからね

意地悪されたら、学校生活や友達付き合いが不安になっていると思います。

なので一番はやはり、

「何があってもお母さんやお父さんはあなたの味方だよ。」
「一人じゃないよ。大丈夫だよ」

と安心させてあげるのが良いですね。

話してくれてありがとう

話しやすい雰囲気を作ることを意識しておくと、今後何かあったときにも親を頼りやすくなります。

「嫌な気持ちになったよね」
「しっかり話せて偉かったね」
「辛いのに話してくれてありがとね」

など、話してよかったと思ってもらえるように声掛けしてみてくださいね。

人間関係に関して自分の経験などを伝える

意地悪されたり、仲間外れにされたりすると、子供は世界がまだ狭いので「自分が悪いのかな」「自分は嫌われるような人間なのかな」と感じてしまう子も多いと思います。

 

なので必要であれば、

「意地悪してくる子も、何か嫌なことがあるのかもしれないね」
「でもどんな理由があっても意地悪していいということにはならないし、意地悪された方が悪いということは絶対にないよ」

というようなことも伝えてあげると良いのではないでしょうか。

他にも自分の人生経験からアドバイスできることはなんでも話してあげてくださいね。

 

「そういう考え方もあるんだな」「そういう理由で意地悪してくる人もいるんだな」という学びに繋がるかもしれません。

子供が学校でのことを話してくれなくなったらどうする?

子供が学校のことなどを話したがらなくなった場合には基本的には無理に聞き出さず、子供から話したいと思ってくれるまで待つのが良いでしょう。

子供なりに、自分の中で整理したり考えたりしていて時間が必要なのかもしれません。

「いつでも話を聞くから、なんでも話してね。」
「どんなことがあってもあなたの味方だよ」

というのを繰り返し伝え、いつでも話しやすい雰囲気を作っておきましょう。

 

ただどうしても気になることがある場合は、

  • 担任の先生にこっそり聞いてみる
  • 子供のお友達に会う機会があれば学校での様子を聞いてみる
  • ママ友に頼んでそのうちの子供に我が子の様子を聞いてもらう
  • 持ち物を注意深く見るようにする

などでそれとなくチェックする方法もあります。

持ち物に関しては壊れていたり、なくなっていたり、汚れていたり…などがある場合に意地悪されている可能性がありますので、お子さんが小さいうちは少し注意深く見てあげると良いかもしれません。

小学生で意地悪な子がいたとき親ができる対応まとめ

子供が学校で意地悪をされたとき、意地悪の内容や子供の様子によっては、すぐに先生に相談してしまっても問題ないでしょう

大抵の場合は先生が対応してくれることで、状況が改善されると思います。

子供の様子や状況によっては

  • まずは子供とどうするかを話し合い、様子を見る
  • 状況が変わらない場合は、担任の先生に相談する

という段階を踏んでも良いかもしれません。

 

学校に相談するかは基本的にはお子さんの意思を尊重してあげてほしいですが、意地悪の内容が危険な場合や子供が学校に行けない状況であればなるべく早めに親が対処してあげるのが良いですね。

とにかく子供が安心して学校に通えるように、学校にも相談しつつサポートするのが一番です。

意地悪に関しては「いじめに発展する前の芽のうちに摘んでおくこと」も重要なので、まずは遠慮せず先生に相談してみてください。

コメント