当ブログは、アフィリエイトプログラムにより商品をご紹介しています。

一口ちょうだいと言ってくる人はイライラするし嫌!効果的に撃退する一言

人間関係

一口ちょうだいと言ってくる人を撃退するには

  • 本当に「一口分だけ」あげる
  • 潔癖症を理由に断る
  • 一口ちょうだいが通じないなと思わせるように会話を続ける
  • 好物だからあげたくないと伝える
  • 欲しいなら自分のものを差し出してから言ってねと諭す
  • お金の話を持ち出す
  • 図々しい人にはこちらも図々しいノリで返す
  • 何度言ってもわからないなら、一度強めに伝える

などの対応をするのがおすすめです。

一口ちょうだいと言ってくる人にも「お金を使いたくないなどのケチなタイプ」と、「食べ物をシェアしたい悪気がないタイプ」がいます。

この2つのタイプのうち、ケチなタイプには少しはっきりと伝えたり、相手が次から一口ちょうだいと言いにくい雰囲気を作ることが重要です。

 

もし今後も付き合っていく気がある相手なら嫌な言い方をしてしまうと気まずくなってしまうので、伝え方にも工夫が必要になります。

そこでこの記事では

  • 一口ちょうだいとしつこく言われたとき撃退する方法
  • 撃退とまでいかなくてもやんわり断る方法
  • 一口ちょうだいと言われるのを回避する予防策

などを詳しくお伝えしていきます。

 

毎回食事の度に一口ちょうだいと言ってくる人に困っている
時々言われるけど、どうやって断ればいいのかわからない…

とお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. ケチなタイプの一口ちょうだいの撃退方法
    1. 本当に「一口分だけ」あげる
    2. 潔癖症を理由にする
    3. 一口ちょうだいが通じないなと思わせるように会話を続ける
    4. 好物だからあげたくないと伝える
    5. 欲しいなら自分のものを差し出してから言ってねと諭す
    6. お金の話を持ち出す
    7. 図々しい人にはこちらも図々しいノリで返す
    8. 何度言ってもわからないなら、一度強めに伝える
  2. ケチタイプへの撃退法で逆にケチと言われた時の対処法
  3. シェアしたいタイプの一口ちょうだいを断る方法
    1. 虫歯や風邪を理由にする
    2. 代わりに一口ちょうだいと言ってみる
    3. 相手の嫌いな食べ物や同じメニューを注文する
    4. もう一つ頼むことを提案する
    5. 代わりのものを頼む方向に持っていく
  4. シェアしたいタイプへの断り方で雰囲気を悪くしないための工夫
  5. 一口ちょうだいと言われるのを回避する予防策
    1. 事前に話題に出しておく
    2. 事前に話題に出すときの応用編:連携プレー
    3. その人の前では食べないようにする
    4. 金欠だと伝える
  6. 一口あげてその一口が大きい場合文句を言う?
  7. 大きい一口に対する対処としてできること
    1. 同じことをやり返してみる
    2. 一口分を口に運んであげる
    3. 一口が大きい人とは距離を置く
  8. 一口ちょうだいってマナーとしてはどうなの?
  9. 一口ちょうだいという人の心理
    1. 少し味見してみたい
    2. 自分のお金を使うのが嫌
    3. いろいろな料理を少しずつ楽しみたい
    4. 単純に一口食べるのが好き
  10. 一口ちょうだいと言われたときの撃退法まとめ

ケチなタイプの一口ちょうだいの撃退方法

一口ちょうだいと言ってくる人にも

  • なるべく自分のお金は使いたくないというケチなタイプ
  • みんなで食べ物をシャアするのが当たり前と思っているタイプ

など悪気がある場合もあれば、ない場合もあります。

一口ちょうだいと言ってくる人のタイプによっても対応が変わりますので、それぞれご説明していきますね。

 

ではまずはしつこく言ってくるタイプの「一口ちょうだい」への撃退法からご紹介していきます。

本当に「一口分だけ」あげる

まずは断るのではなく、あえてあげることによりそれ以上取られるのを防ぐ方法です。

一口ちょうだいと言われたら、あなたは「わかった、一口ね」と言って相手の皿に一口分乗せてあげましょう。

これは一緒に外食した際に有効ですね。

外食以外のシチュエーションなら、たとえばパンなどをあげる場合は一口分くらいちぎって渡しましょう。

 

自分のところから「相手に取ってもらう」「かじってもらう」としてしまうと、一口以上取られる場合もあります。

一度あげてしまうと相手も「もう少しくらい貰っても大丈夫でしょ♪」と調子に乗る場合がありますので、あくまであなたが量を決めて、あげるという風にした方が良いですね。

一口ちょうだいと言ってくる図々しいタイプの人は、本当に一口だと「え…?」という反応をすることが多いでしょう。

次回から言ってこなくなりますよ(笑)

潔癖症を理由にする

潔癖症という理由は断りやすく、価値観は人によってそれぞれなのではっきりと意思を伝えやすいと思います。

「ん~潔癖症だから食べ物のシェアは無理かな~」
「私みたいなタイプは食べ物のシェア嫌がるから、同じ価値観だとわかってる人以外には言わない方がいいよー」

と淡々と伝えてみましょう。

 

相手が冗談などを言い合える仲なら

「え~!むりむり!いくら仲良くても人が食べたものに口付けるの嫌じゃない?^^;」

と大げさに嫌がってみてもいいかも。

 

少しやんわり断りたいなら

「家族のでも無理だから…ごめんね。」

という伝え方ならそこまで嫌な感じにもなりませんよ。

一口ちょうだいが通じないなと思わせるように会話を続ける

すぐに「一口ならいいよ~」と言ってしまったり、相手がしつこい場合に折れてしまったりすると、『この人はくれる人』という認識になってしまいたかられてしまいます。

なので、一口ちょうだいが通じないなと思わせるのが有効です。

 

たとえば

「一口ちょうだい!」
あなた「じゃあ自分の分頼めば?(買えば?)」
「そんなに食べられないから一口でいいんだよね~」
あなた「じゃあテイクアウトすれば?」
「お金ないんだよね」
あなた「じゃあ次に来た時に買うしかないね~」

というように、なんとか相手に諦めさせる方向に会話を持っていき、一回でもあげないようにするのが大事です。

 

「すぐにくれないし、めんどくさいな。この人には言うのやめよう…」と相手に思わせることができれば、今後言ってくることがなくなるのではないでしょうか。

好物だからあげたくないと伝える

「これは私の好物だから全部食べたいの」と言ってしまうのも良いでしょう。

相手との関係性によっては、「えー!?これは私の好物だからダメ~!」とちょっと冗談っぽく言うのも良いですが、「一口くらいいいじゃん~」と食い下がるような相手なら真顔で伝えた方がいいですね。

 

また

「私これ大好きだから、一口ちょうだいはなしね~」

と先に言っておき、ちょうだいと言いにくい雰囲気に持っていくのもありです。

ちょっと食いしん坊でかわいいキャラみたいなのを出せれば、嫌な感じにならずやんわりと断ることも可能でしょう。

欲しいなら自分のものを差し出してから言ってねと諭す

もしいつも一口ちょうだい~と言って人のものを貰うくせに自分のものはあげないという人がいたら、

「人のものを欲しがるなら、自分のものを先に勧めてから言ってよ」

と真顔で伝えてみるというのはいかがでしょうか。

 

「味見したい」「美味しそ~一口ちょうだい」というタイプは、これを伝えると「そっか、確かにそうだね」と納得してくれますし、ケチなタイプなら今後は一口ちょうだいと言ってこないでしょう。

お金の話を持ち出す

ケチなタイプの一口ちょうだいには、お金の話を出すというのが有効です。

たとえば

「わかった、じゃあ一口1000円ね」
「一口いくら分かな~」

と言ってみるのです。

一口ちょうだいと言ってくる人はお金を払わずに食べたいというようなタイプもいるので、お金が絡むと嫌がり、諦める場合があります。

図々しい人にはこちらも図々しいノリで返す

しつこい人、何度も繰り返してくる人には、こちらも誠実に対応する必要はありません。

たとえば

  • テイクアウト系の食べ物なら、あげるふりをして包み紙などのゴミを渡す
  • 外食ならあげるふりをして「嘘~♪」と自分が食べてしまう

など、ちょっと失礼かも?くらいのノリで返してみてもいいのではないでしょうか。

 

今後も付き合っていきたい人にはなかなかできないかもしれませんが、冗談を言えそうな相手にはこんな感じでその都度のらりくらりとかわしてしまうと良いでしょう。

何度言ってもわからないなら、一度強めに伝える

何度そういうの苦手、やめてと伝えてもわかってくれない相手には、一度強気で対応してみると良いでしょう。

「そんなに欲しいなら、あげるから全部一人で食べれば」
「人のもの欲しがるのは行儀が悪いよ」
「欲しいなら自分の分頼んでよ」

とはっきりと、少し突き放したように冷たく伝えてみましょう。

 

相手もいつもはくれるのに、急に突き放されると焦るかもしれません。

毎回一口ちょうだいを言ってくるような人は冗談交じりに伝えても本気に捉えないので、はっきりと伝えるしか対処法はないのですね。

ケチタイプへの撃退法で逆にケチと言われた時の対処法

どんな返しをしても「一口くらいいいじゃない!ケチ!」と言ってくる人も多分います。

そんなときは、

「ケチなのはどっち?自分はお金を払わず、お返しをしてくれるわけでもなく、いつも一口もらおうとする方がよほどケチじゃない?」

と返してみましょう。

私は一口もらおうとする方がケチだと思うから、価値観が合わないのかもね。と冷静に伝えてみると良いですよ。

シェアしたいタイプの一口ちょうだいを断る方法

続いて、

  • 相手は食べ物をシェアしたいタイプで悪気はないらしい
  • 今後の人間関係が気になるから、まずはやんわりと断りたい
  • まだそんなにしつこく言われたわけではないから、優しく伝えたい

という場合の対処法をご紹介していきますね。

虫歯や風邪を理由にする

「虫歯だから」「風邪ひいてるから」と言うのが当たり障りなく断りやすいですね。

うつすと悪いから!で押し通すと、私は良いけどあなたに悪いから~と相手のために言っているスタンスで断れます。

 

ただ図々しい人は、「移っても大丈夫!」と食い下がってくることがあるので注意です。

代わりに一口ちょうだいと言ってみる

一口ちょうだいと言われたら、

「じゃあ私にも一口ちょうだい」

と返してみましょう。

ケチなタイプだったら断られるかもしれませんので、「それならお互い交換はなしでー」で終わらせればいいですよね。

 

こちらだけ取られると思うとなんだかモヤモヤが溜まりますが、交換ということであればそこまで気にならなくなるのではないでしょうか。

相手の嫌いな食べ物や同じメニューを注文する

「相手の嫌いな食べ物」がわかれば、それを注文しましょう。

多分嫌いなものなら一口ちょうだいと言ってこないと思います。

 

また「相手が頼んだのと同じメニュー」を注文するというのもおすすめですね。

同じだから味見やシェアの必要がなくなりますからね^^

もう一つ頼むことを提案する

一口ちょうだいと言われたら、

「ごめん、お腹空いてるから欲しいならあなたの分でもう一つ注文しようか」
「わかった、じゃあ私の分はまた頼むから、これは全部食べていいよ~」

という風に、もう一つ注文する流れを作りましょう。

 

相手がしつこい場合は、本当に頼んでしまうというところまでできればいいですね。

「そこまでしなくても良かったのに」と言われたら、「え?食べたかったんじゃないの?」ときょとんとした顔で悪気がないという感じで言っておけば感じも悪くなりません。

相手も「シェアしない人なんだ」と思えば、次回から言ってこなくなるかも。

代わりのものを頼む方向に持っていく

もしその場の空気を悪くしないようになんとか自分の分をあげることを回避したいなら、一緒に別のものを注文するというのがおすすめです。

「これはあげられないけど、代わりにこれ一緒に頼んで分けない?」と提案してみましょう。

 

これはケチなタイプではなく、「味見がしたい」「食べ物をシェアしたい」というタイプへ向けて使うのが有効。

シェア用の食べ物を頼んで、お金も割り勘で払うようにしましょう。

シェアしたいタイプへの断り方で雰囲気を悪くしないための工夫

こちらは何も悪いことはしていなくても、相手からのお願いを断るのはなんだか罪悪感を感じますし、言いにくいですよね。

そこで人間関係を円滑にしたいなら、あげられない理由を言った後に一応「ごめんね」というのを一緒に伝えておくと良いでしょう。

本当は一口ちょうだいと言われた方が謝る必要は一つもないのですが、ここは上手く渡り歩いていくためにも割り切ってしまうと良いですね^^;

 

また相手との関係がどうなってもいいからはっきり断りたい!というとき以外は、

「ダメ!」
「やだ!」
「あげない」

など強めに言ってしまうと、相手もムッとするかもしれませんよね。

なので今後も付き合っていきたい相手には「え~ダメ~^^」というように少し冗談っぽくいうとその場の空気も悪くならないでしょう。

 

一口ちょうだいと言ってくる人には

ケチで、自分だけが得をしたいから人から一口を貰おうとする人

もいれば、

コミュニケーションとして「みんなと食事を楽しみたいからシェアしたい」

という悪意のないタイプもいます。

なのでまずはどちらのタイプなのか見極めるためにも、やんわり否定してみると良いですね。

一口ちょうだいと言われるのを回避する予防策

続いて、事前に一口ちょうだいと言われるのを防ぐ方法も併せてご紹介しますね。

事前に話題に出しておく

一口ちょうだいと言ってくる人はどこにいるかわかりませんので、そういった人に遭遇する前に普段から

「一口ちょうだいって言われるの本当に苦手~」
「食べ物のシェアって抵抗あるんだよね~」

と話しておくと良いかもしれません。

一口ちょうだいと現時点で言ってきていない人でも、「この人はそういう考えなんだ」と事前にわかってもらえていれば言われる可能性はぐっと下がりますよね。

事前に話題に出すときの応用編:連携プレー

もしすでに「一口ちょうだい妖怪」に出会ってしまっている場合も、今後言われないようにする工夫はできます。

もし友達などであなたと同じく「一口ちょうだい」が嫌いな人がいたら、2人で協力して今度から一口ちょうだいと言われないように先手を打つのです。

 

例えば一口ちょうだいが嫌いな人をAさんとしましょう。

「あなた」と、「一口ちょうだいと言ってくる人」と「Aさん」の3人で食事をする機会があったときに、

あなた「それ一口欲しい!」
Aさん「え、欲しいなら一つ頼もうか。あと…私だからいいけど、大人なのに他人の食べ物を欲しがるっていうのはあまり品が良くないよ。」
あなた「え、そうかなー?(とぼけた感じで)」
Aさん「一口ちょうだいって言ってくる人って陰で“卑しい”とか“せこい”って言われるし、最悪一緒に食事行きたくないとか距離置かれるかもよ」
あなた「そうなんだ、確かに下品だったよね…。これからは言わないようにするね!」

というやりとりを一口ちょうだいと言ってくる人の前でしましょう。

その場にいてそれを聞いてしまったら、今後一口ちょうだいと言い出しずらくなるでしょう。

その人の前では食べないようにする

一番当たり障りなく、取られるのを防げる方法はやはり一緒に食事をとらないこと、その人の前では買った食べ物の封を開けないことですね。

特に好物などを食べるとき、あげたくないけど断れる自信もない…ということであれば、その人がいないところで食べるのが安全です。

金欠だと伝える

「今月金欠なんだよね~」と言っておくのも良いでしょう。

一口ちょうだいと言われたら、

「ごめん、お金ない中で買ってるから遠慮してもらえるとありがたいかも…」

と言えばそんなに感じも悪くならないですよ。

 

しつこい相手なら、

「え~これしか買ってないし、あげたらお腹いっぱいにならないし…お金ないっていったじゃん…」

と言って相手に罪悪感を感じさせましょう。(図々しい人は悪かったなと思うかはわかりませんが…)

一口あげてその一口が大きい場合文句を言う?

一般的には一口ちょうだいに対してどう思っているのか、一口ちょうだいが苦手な人達の意見をまとめてみました。

一口だけなら…と思いあげたら一口が大きすぎた場合、相手との関係性にもよりますが「とりあえず指摘してみる」という人が多いようですよ。

 

人によっては本当に数口で食べきってしまうという、普段から一口が大きい人もいます。

特に、女性はなるべく下品に見せないようにと小さめに取って口に運ぶ人が多いですが、男性には一口が大きめの人が多く自覚がない場合も多いのですね。

なので「え?」と思ったら、まず「一口大きくない?」と指摘してみるのも良いのではないかと思います。

それで「え、ほんと?気をつけるね」と気づいてくれる場合もありますよ。

 

たくさん貰っていることに自覚ありな人、言っても直らない人に対しては

「それだけ食べるなら、もう一つ注文すれば?」

と言ってみると良いでしょう。

大きい一口に対する対処としてできること

同じことをやり返してみる

「私にも一口ちょうだい」と言って、大きめの一口で貰ってみましょう

その時に相手が「え、一口大きくない?」と言ってくれば、「あなたもこのくらいだよ?」と言えますよね。

 

何も言われなければ、

  • 自分の一口の大きさにも自覚がない
  • (自覚があるなら)人に食べ物をあげたら、一口が大きかった時の気持ちに気づいて反省する

のどちらかとなると思います。

一口分を口に運んであげる

一口大きいな?と気になってしまうけど、注意するのも…という場合には、一口ちょうだいと言われたら「あーん^^」と言って口に運んであげると良いでしょう。

彼氏や旦那さんだったら使いやすいですね。

友達でもそういったノリが通用する人ならやってみると良いかもしれません。

一口が大きい人とは距離を置く

一口ちょうだいと言われること自体は百歩譲っていいとしても、その一口が大きすぎる人は思いやりや配慮に欠ける人だな…と思ってしまいますよね。

なので彼氏やすごく仲の良い友達でなければ、指摘はしないけどそっと距離は置くという人もいるでしょう。

一口ちょうだいってマナーとしてはどうなの?

「一口ちょうだい」のマナーに関して「嫌い」「困る」という意見も多いですし、私はあまりお行儀の良い行為とはいえないと思います。

たとえばカジュアルなレストランならちょっとしたシェアなどはありかもしれませんが、高級レストランや料亭などのコースでは一人一人に料理が出ることからも、「料理やお皿は一人分ずつ用意される」というのが一般的な認識ですよね。

特に日本はお膳文化ですし、潔癖症の人も意外と多いので「人のお皿に手を伸ばすのは品がない」と感じる人の方が多いのではないでしょうか。

 

一方で「一口くらい良くない?どんだけケチなの」という意見もあります。

実際これには正解がなく、それぞれの価値観によって受け取り方が違いますよね。

たとえば衛生観念において「カバンを地面に置くこと」が気になるしありえない!という人もいれば、まったく気にならない人もいます。

これは育ってきた環境の影響が大きいと思います。

食べ物をシェアしたいタイプの人は、子供の頃からそういった環境なので特に疑問に思うこともなく、気にならないというわけです。

 

ただ

「お金を使いたくないから人から少し貰おう」
「仕事などの場面ではしないようにしよう」

という気持ちがあるなら、やはり『マナーとしてはなし』と考えても良いでしょうし、誰に対しても守るべきマナーなのではないかなと思います

一口ちょうだいという人の心理

最後に一口ちょうだいと言ってくる人にはどんな心理があるのかを見てみましょう。

少し味見してみたい

丸々一つ食べたいわけではないけど、どんな味なのか気になるということですね。

興味本位なので、あまり悪気はないタイプです。

自分のお金を使うのが嫌

「ちょっとお腹空いたけど、お金を使うのは嫌だな~」という場合に、「人から貰おう!」という考えになる人もいます。

本当にケチな人だと、複数の人から少しずつもらうことで自分は一銭も使わないというのが当たり前になっている人もいるのですね…

このタイプは言ってもわからないので、一番厄介でしょう。

いろいろな料理を少しずつ楽しみたい

みんなで違うものを頼めば、少しずついろいろな味が楽しめるという考え。

食事もコミュニケーションの一環だと考えていますので、悪気はないでしょう。

単純に一口食べるのが好き

食べ物のシェアが当たり前の家庭で育ったので、ちょこっと食べるのが好きという人もいます。

その行為自体が好きなので、悪気はそこまでなく、指摘してもわかってもらいずらいでしょう。

一口ちょうだいと言われたときの撃退法まとめ

一口ちょうだいと言ってくる人を撃退するには

  • 本当に「一口分だけ」あげる
  • 潔癖症を理由にする
  • 一口ちょうだいが通じないなと思わせるように会話を続ける
  • 好物だからあげたくないと伝える
  • 欲しいなら自分のものを差し出してから言ってねと諭す
  • お金の話を持ち出す
  • 図々しい人にはこちらも図々しいノリで返す
  • 何度言ってもわからないなら、一度強めに伝える

などの対応をするのがおすすめです。

 

またここまではっきりと伝えられる自信がない…というときには、

  • 虫歯や風邪を理由にする
  • 代わりに一口ちょうだいと言ってみる
  • 相手の嫌いな食べ物や同じメニューを注文する
  • もう一つ頼むことを提案する

というような対応をするのが当たり障りなく、その場の空気や相手との関係性も悪くならないと思いますよ。

一口ちょうだい妖怪が現れたら、ぜひ使ってみてくださいね!

コメント