当ブログは、アフィリエイトプログラムにより商品をご紹介しています。

なぜ何もしてないのに攻撃されることが多いの?攻撃される意外な理由

人間関係

何もしてないのになぜか攻撃される…という場合には、

  • 相手の性格や気分で攻撃対象にされている
  • 嫌われてはいないが、なめられている
  • 無意識で失礼なことをしてしまった・言ってしまった
  • 偶然の出来事やすれ違いでマイナスイメージを与えた

など本当に自分に非がない場合もあれば、実は無意識に相手に不快な思いをさせていた…という場合もあります

 

こちらに非がなくても攻撃してくる意地悪な人もいるので、そういった場合はその人から距離を取ったり、環境を変えたりすることで攻撃されなくなることが多いです。

しかしもし自分に非があった場合は、その原因を突き止めておかないと環境が変わっても攻撃されやすいままなのですね。

 

そこでこの記事では

  • 何してないのに攻撃される理由
  • 攻撃されやすい人の特徴や攻撃してくる人の心理
  • 攻撃されたときはどう対処すればいいのか

などを詳しくご紹介していきます。

何かをした覚えがないのに、なぜか攻撃されてしまう…とお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

何もしてないのに攻撃される理由

まずは何もしてないのになぜ攻撃されてしまうのかについて、考えられる原因をみていきましょう。

何もしてないのに攻撃されるときに考えられる理由

相手の性格や気分で攻撃対象にされている

まずあなたに非がない場合は「相手に問題がある」ということですね。

あなたは本当に何もしていなくて、相手が勝手に嫉妬してきたりもともと攻撃的な性格だったりということが考えられます。

こういった人はどこのコミュニティにも一定数いますし、100%全員から好かれる人はいないのである意味仕方がないといえます。

嫌われてはいないが、なめられている

嫌われているから攻撃されることもあれば、嫌いというわけではないけど雑に扱われることもあります。

例えば

  • 自分の意見をはっきり言わない、言い返さない
  • 嫌なことでも断らない
  • 八方美人でいつも気を遣っている
  • 「ありがとう」よりも先に「すみません」が出てしまう

など気を遣い過ぎてしまう場合にそういった扱いを受けやすいでしょう。

雑に扱われても平気なふりをしてしまうと、どんどんなめられこの人には何を言っても平気と思われるかもしれません。

無意識で失礼なことをしてしまう・言ってしまう

もしかしたら、自分では何もしてないと思っていても実は相手に何か不快な思いをさせている場合もあります。

何でもそうですが、自己評価というのは案外あてにならないものですので、一度振り返ってみると良いですね。

 

例えば、自分的には嫌味のつもりで言ったことではない言葉でも、人によっては嫌な気分になったり、マイナスな捉え方をしたりする人もいます

しかし自分では相手を傷つけるつもりで言っていないので、何もした覚えはないのに…と思いますよね。

これは必ずしも悪いことでない場合もあります。

人それぞれ価値観が違うので無意識に傷つけてしまったり、イライラさせてしまったりということもあると覚えておくと攻撃されても傷つかずに済みますよ。

偶然の出来事やすれ違いでマイナスイメージを与えた

こちらもあなたに悪気がなくても、お互いの認識の違いやすれ違いであなたが悪者となってしまっている可能性もあります。

例えば

  • 相手の声が小さく挨拶が聞こえなくて、あなたが無視した形になってしまった
  • 良かれと思い黙って間違った資料を修正したら、嫌味だと思われた

などで相手が不快に思った可能性もあります。

残念ながら厚意を厚意として受け取ってもらえない場合もあります

自分的には何もしていなくても相手には攻撃と取られるかもしれないので、そのお返しのつもりで攻撃してくるのかもしれませんね。

その他の理由

ここまで上げた理由以外にも、場合によって攻撃されてしまう理由としてこのようなものもあります。

人がもめるのが楽しい

仲たがいさせるために、第三者があなたのことを悪く言っていた可能性もあります。

たとえば「AさんがBさんのことこんな風に言っていましたよー」と吹き込めば、BさんはAさんのことをよく思わないですよね。

あなたがこのAさんになってしまった可能性があるということです。

世の中には他人が喧嘩しているのを見て楽しむ人も一定数いるのですよね…。

年代によってはただ単に意地悪

俗にいう「お局」などから攻撃される場合は、あなたには非がない場合が多いでしょう。

「若い」「可愛い」「仕事ができる」など一見何の問題もないこんな理由で嫉妬されることが多いです。

ただ単に意地悪な性格で、その歳までそうやって人をいじめたり、卑屈な考え方で生きてきた人に多いでしょう。

同性から攻撃されやすい場合

攻撃してくる人が同性が多い場合には、以下のような理由があります。

女性が欲しいと思うものを持っている

簡単にいうと妬まれているということですね。

例えばわかりやすいところでいうと、

  • 美人・かわいい
  • スタイルが良い
  • 結婚している
  • 旦那・彼氏がハイスペック
  • いつもブランドのバッグを持っている

など実際にそれがあることで幸せかという事実は置いておいて、目に見えてわかりやすいものがその対象となります。

なので幸せの象徴であったり、人がうらやむようなものを持っている人は同性からの嫉妬の対象になりやすいでしょう。

ぶりっこに見える

ぶりっこをしている感じに見えるというのも、女性の場合嫌悪感を抱くことが多いでしょう。

意識的にやっている人もいれば、無意識だけど愛想が良いことがそのように見えてしまう人もいます。

またそれが理由で異性に好かれていたりすると、さらに面白く思わない人は多いでしょう。

 

「自分を可愛いと思っている感じが気に入らない」
「なんか鼻につく」

というのがぶりっこを理由に攻撃してくる人の言い分です…。

心当たりがなくても容姿に限らず、言動や態度からもそう取られる場合があります。

パートナーや好きな人が取られる危険を感じている

女性の場合「自分の好きな人が取られてしまうかも」と脅威に感じる相手のことを、無意識に嫌いになってしまうことが証明されています。

本能的なものなのである程度仕方ない部分もありますが、人の彼氏を取るような人ではないと誤解が解けたり、あなたに彼氏ができることで攻撃が収まる場合も。

共感してくれない

基本的に女性は共感して欲しい生き物なので、自分の意見に賛同してくれない場合、敵とみなされることがあります。

また日本人は同調圧力に弱いので、どうしても「みんな同じでないと駄目」というような雰囲気ができてしまいますね。

同族嫌悪

「自分と同じくらいのレベル」または「似た系統」の人間なのに、自分よりも優遇されていたり、自分よりもちやほやされていたりするのが許せないという人もいます。

嫉妬というよりも、常に自分と人を比較して実は自信のない人に多いでしょう。

異性から攻撃されやすい場合

普通にしているだけなのに、異性が嫌な絡み方をしてくることが多い…と感じる人もいるでしょう。

そんな時に考えられる理由には以下のようなものがあります。

自分をすごい人・強い人と思わせたい

自分を強い男に見せたいというのは、攻撃してくるものの「敵意からではなくむしろ好意から」の場合です。

強いことがいい男であることの条件と思っている人は多いのですね。

なのでそれをあなたにアピールしているのでしょう。

大人になっても異性に攻撃するような人は、小さな勝敗などにも執着する傾向があります。

あなたの視界に入りたい

無理にでもあなたの視界に入りたいというのも、あなたに好意がある場合に考えられる理由です。

よく小中学生の男の子が、好きな子をいじめるというのを聞きますよね。

それは良いことでもそうでなくても、「とにかく相手の視界の中心にいたい」という思いがあるからだそう。

 

どんな形であれ「相手が自分の方を向いてくれている」という思い込みがあると、攻撃は継続して行われます。

なので、相手の攻撃的な「言葉」や「態度」が本心とは限りません

ちなみに年齢に関係なくこういった思考の人はいます。

いつまでも心が成長していない人なのかも…。

照れ隠し

照れ隠しでつい攻撃的になってしまう場合も、あなたに好意があるからですね。

あなたと話すときに意識してしまうので、あえてそういった態度でないと接することができないということです。

自分の方が上に立っていたい

あなたへの好意がある、ないに関わらず、常に優位に立っていたい人は男女ともにいます。

例えばあなたの方が仕事ができる場合などに、その人のコンプレックスを無意識に刺激してしまっている可能性があるということですね。

コンプレックスや劣等感が強く、自分よりも下の人間がいないと落ち着かない人なのです。

ストレス発散

ただただ性格の悪い人はストレス発散のために「言い返せない人」や「怒らない人」「立場や力が弱い人」をターゲットとして攻撃している場合があります。

例えば駅でわざわざぶつかってくるおじさんとかその類ですね。

攻撃される人と攻撃されない人の違い

何かしてしまった記憶がない…という場合には、攻撃されることが不思議ですよね。

ここでは攻撃されやすい人の特徴や、大人しくしているだけなのに攻撃される人とされない人の違いなどを詳しくご紹介していきます。

攻撃される人の特徴

本当に何もしていない場合

相手の気に障るような行動や言動を本当に何もしてない場合に考えられる特徴は、以下の通りです。

相手の印象に残りやすい何かがある

人より秀でた部分などがあると他の人よりも印象に残りやすく、それが理由で好かれたり嫌われたりしやすいです。

たとえばよくあるのが「仕事ができる」「容姿が良い」などですね。

好きと嫌いは紙一重といいますよね。

好きでも嫌いでもない人に対しては無関心なので、良くも悪くも何か相手の印象に残りやすい特徴があるのではないかと思います。

自分を持っている

日本は同調圧力があるので、周りに合わせようとする人が多いですよね。

たとえ自分の思っていることと違ったとしても、その場の雰囲気や人に合わせて空気を読む場面はよくあります。

 

なのでそんな雰囲気の中、周りに合わせるのではなく自分を持っていて、はっきりと意見を言えるタイプの人は時によく思われないこともあるのですね。

「自分を持っている」というのは、周りとの差になりその意志の強さが一目置かれることもあれば、反対に出る杭は打たれるといった感じで敵対視されることもあります

実は攻撃対象となりやすい行動や言動がある場合

もし環境が変わっても攻撃を受けることが多いという場合は、実は何かしてしまっていることもあるので、以下のようなことはないか?を振り返ってみましょう。

八方美人

八方美人というのは一見上手く世の中を渡り歩いていくために良いことのように思えますが、それが返って良く思われないことも多いです。

もちろん誰にでもいい顔をするのが駄目というわけではないですし、その場を当たり障りなく乗り切るのもときには大事でしょう。

しかし人や場面によって意見をころころ変えることや、誰にでもいい顔をすることが反感を買ってしまう場合も

また周りに気を遣っている場合でも、「みんなに嫌われないようにしよう」という思いからの過度な気遣いなどは、返って面倒だと思われ敬遠されることもあります。

空気が読めない

同調圧力で周りに合わせて会話したり、意見を言う人が多い中で、その場の空気に合っていない発言が目立つ場合には攻撃の対象となることがあります

場合によっては空気が読めないというのが、ただのわがままと思われてしまうこともあるのですね。

自分の意見を持っていてそれを伝えるのが悪いわけではないのですが、場合によっては周りに意見を受け入れる姿勢も人間関係においては大切ですね。

余計な一言が多い

言う必要のない一言を悪気なく言ってしまい、相手に不快な思いをさせてしまう人もいます。

自分は悪気があって言ったわけではないので気づきにくいかもしれません。

しかし言わなくてもいい一言は、嫌味として捉えられることが多いので相手への印象は悪くなりがちです

愛想が悪い

いつも無表情やつまらなそうな表情だったり、話しかけても一言返して終わりなどの場合は、感じが悪いと思われることも。

特に「最低限の付き合いしかしたくない」というタイプの人は、こういった対応になってしまっていることが多いでしょう。

 

無愛想にしたつもりはないけど、人見知りで会話を続けるのが苦手、表情がこわばってしまうという人もいますよね。

しかし話しかけられた時に毎回会話がすぐに終わってしまうと、無愛想というイメージを覆すのも難しくなってしまうのですね

なので結果的に悪いイメージのまま、攻撃の対象となりやすいということがあります。

気持ちが顔に出やすい

むっとした時や機嫌が良くない時に顔に出やすい人は要注意ですね。

自分では隠しているつもりでも、ちょっとした表情や態度は意外と見られているものです。

 

数回程度なら「機嫌が悪いときもあるよね」で済むことが多いと思いますが、いつもそうだと感じが悪いと思われてしまいます。

また自分では無意識でも、人を見下しているような発言や態度が出てしまっている場合も。

悲劇のヒロインタイプ

本当に何もしていないのに、なぜ攻撃されるのだろう…と思っても、それをそのまま口に出してしまうと攻撃されることもあります。

例えば「私何も悪くないのに、こう言われたんです」と被害者のような口ぶりで周りに話したとします。

本当に何もしていない場合なら、あなたの味方になってくれるはずでしょう。

しかしもし無意識でも何かしてしまっていた場合は「いや、あなたは気づいていないみたいだけど、こういう発言したからでしょ…」と思われ、イメージが悪くなってしまいますよね。

「私はこんなに気を遣ってるのに」というような被害者意識があると、人をイラつかせてしまう場合もあるのです。

攻撃されやすい人と攻撃されにくい人の違い

自分と同じようなタイプに見えるのに、私は攻撃されやすくて、あの人は攻撃されにくい…と感じることもときにはありますよね。

攻撃されやすい人とされにくい人にはどんな違いがあるのかみていきましょう。

同じ「何もしてない」でも中身が違うと周囲の態度も変わる

同じ何もしてないのに…とはいっても、性格や言動、態度や雰囲気は人によって違いがありますよね。

例えば

  • 何もしてなくて明るい雰囲気の人
  • 何もしてなくて暗い雰囲気の人
  • 何もしてなくて無表情の人
  • 何もしてなくて笑顔が多い人
  • 何もしてなくて仕事ができる人
  • 何もしてなくて仕事ができない人

のように、性格や態度などが違えば、当然相手が受ける印象も変わります。

そうするとそれに合わせて扱いも変わってくるのですね。

 

雰囲気が柔らかい、言葉選びが上手、いつも笑顔という人は周りの人を不快にすることが少ないので、攻撃されることも少ないのです。

もしかしたら自分のしていることや態度が自分に返ってきているという可能性もあります。

外見のイメージと中身のギャップが大きいか小さいか

人間は外見などから「この人はこういう人だろう」とある程度イメージを持っていたり、先入観で他人を見ています。

なので、例えば『大人しいと思っていたけど、意外と自分の意見をはっきりと言う』という人がいれば、「自分の予想と違う動きをされるのが気に入らない」と思う人もまれにいるのです

 

なので、外見と中身のギャップが大きい人はまれに攻撃対象になることがあります。

反対に攻撃されにくい人は、見た目通りでギャップが少ないのであまり印象に残らないのかもしれませんね。

意見をはっきりと言うか言わないか

自分の意見をあまり言わない人や大人しい人は誤解されやすいです。

何を考えているかわからないと思われてしまうことが多く、本心とは違う捉えられ方をしたり、イラつかれたりすることがあります。

また自分の意見をはっきりと言わない、言い返してこないと相手もなんでも言いやすいのですね。

 

反対に大人しくても自分の意見をしっかりいえる人は誤解やすれ違いが少なくなるので、攻撃されることも少ないでしょう。

先ほども書いた通り、自分の意見をはっきりと言うことが裏目に出る場合もあります。

しかし基本的に攻撃的な人は「自分より弱い人」「言い返してこないであろう人」をターゲットにしますので、はっきりと言い返すとそれ以上何も言えなくなる人が多いです。

環境に左右される場合も

自分が何かしてしまった心当たりがない場合は、今いる環境や人に問題がある場合が多いです。

例えば、コミュニケーションが苦手で自分の意見を積極的に言えない人でも、「そういうことを気にしないでどんどん自分の意見を言って、引っ張っていってくれる人が多い環境」だと攻撃されることは少ないでしょう。

しかし噂好きな人が集まっていたり、陰気な人が多い環境であれば、当然些細なことでも攻撃のターゲットにされてしまう可能性が高いです。

自分に問題がない場合、環境を変えたら攻撃されることも無くなる場合も多いですよ。

攻撃してくる人の特徴や心理

続いて攻撃的な人には具体的にどんな特徴や心理があるのかをみていきましょう。

攻撃してくる人の特徴

本当は心が弱い

攻撃してくる人は一見強いように見えますが、実は心が弱い人が多いです。

傷つきたくないがために自分を守ることに必死で、自分より下の人間がいないと安心できないのですね。

感情の起伏が激しい

自分の感情に従って生きているので、気に入らないことなどがあるとすぐに攻撃的になります。

気分屋だったり、自分の感情が顔や態度に出やすい人が多いですね。

また短気で怒りやすい人なども多いでしょう。

自分が一番でないと駄目な人

常に自分の方が人より優位に立っていないと駄目な人もいます。

自分と他人を常に比べていたり、承認欲求が強いことも特徴です。

今まで周りに甘やかされて育った人などにもこのタイプが多い傾向にありますね。

卑屈

自分に自信がないからこそ、他人を攻撃することで安心しようとする人も多いです。

愚痴や文句が多かったり、考え方がネガティブで他人の言動や行動も勝手にマイナスに変換して捉えがちなので、攻撃的になります。

攻撃してくる人の心理

ない物ねだり

  • コンプレックスが強い人
  • 自分と他人を比較することが多い

という人は劣等感から攻撃的になりやすいです。

例えば「仕事ができる」「頭が良い」「かわいい」「きれい」「モテる」「友達が多い」など目に見えて優れた部分がある人を敵対視します。

自分にはないものを持っている人を見ると、自尊心が刺激されるためです。

自分より注目されている人、褒められている人がいると気にくわないのですね。

嫉妬心

  • 自分と同じくらいなのに、自分より優遇されている人がいる場合
  • 認めたくないが自分の方が劣っているかも…と思う場合

などは妬みという感情が相手への攻撃となって現れます。

自分の方が上に立っていたい、自分より下の人間がいることで安心したいという気持ちが強いのですね。

かまってちゃん

誰にも相手にされないことを恐れている場合もあります。

それが攻撃として表れ、どんな形でも自分の方を向いてくれることで安心しているのですね。

自分が傷つくのが嫌

傷つくことを人一倍恐れている可能性もあります。

人と関わっていればときには傷つくこともありますが、それをどうにか回避しようとしているのですね。

自分が傷つけられる前に自分は強いのだということを示し、相手を威嚇し自分を守っているのかもしれません。

有害と感じている

自分の思い通りに動かない人間は気に入らないという人もいます。

人間には誰でも長所も短所もありますが、短所ばかりに目が向いてしまう人なのでしょう。

なので自分の気に入らない部分がある人を、敵とみなし攻撃します。

自分を不快にさせるのが許せないという、自己中心的な思いがあるのかもしれません。

何もしてないのに攻撃されたときの対処法

もし何もした覚えがないのに攻撃されてしまったときは、相手とどのように関わっていったり、自分の気持ちを整理すれば良いかをみていきましょう。

攻撃されたときの対処法

スルーする

基本的に理不尽に攻撃されたとしても、流しておけば良いでしょう。

相手と同じレベルになって言い返してあげることはありません。

 

また傷ついたようなそぶりを見せたり、過剰に反応してしまうと相手の思うつぼです。

自分は人の嫌がることはしないよう、反面教師にしましょう!

周りを味方につける

自分から攻撃されたことを言って回るのは逆効果になることもあります。

しかし見ている人はちゃんと見てくれていますので、あなたは誰に対しても平等に優しく接することを心がけましょう。

また仕事なども率先して引き受けたり、真面目に頑張ったりして自分のイメージアップを図っておくと結果として味方してくれる人が増えていきますよ。

文句を言われる隙を作らない

攻撃される隙を作らないようにするというのもある程度効果的です。

例えば仕事ならその人よりも出世する、文句を言われないようにやるべきことはしっかりとこなすなど。

それでも理不尽に攻撃された場合は、周りの人に相談したり次の対策を考えましょう。

言い返してみる

スルーして距離を取ってもいいのですが、言われっぱなしで終わるのが嫌な場合は言い返してみるのも意外と効果的です。

同じように攻撃はしなくてもいいですが、自分の意見はしっかりと伝えてみましょう。

 

攻撃的な人は言い返してこなそうな人を選んでいます。

なので反対に自分が攻撃されるとは思っていないので、反撃されると何もしてこなくなる場合もあります

相手と同じ土俵に立つことはないのでスルーでもいいのですが、意思の強い人間であることは示しておいてもいいと思います。

相談できる人に話す

相談できる人がいれば、気持ちを聞いてもらうのも良いでしょう。

共通の知り合いや職場の人だと余計なトラブルが発生する可能性があるので、なるべく全く関係ない人が望ましいですね。

共通の知り合いに話す場合は「愚痴ではなく相談」という感じで話すと味方になってもらいやすく、新たなトラブルも回避しやすいと思いますよ。

攻撃してくる人との付き合い方

距離を置く

嫌だと感じる人とは無理に付き合わなくても、スルー、距離を置くという対応で良いと思います。

どうしても相性の悪い人というのはいるので、仕方ないと割り切るのも人間関係においては必要なことですね。

仕事などでどうしても関わらなければならない相手なら最低限の接触だけで、あとはこちらから話しかけたり、目を合わせたりする必要もありません。

挨拶だけは続け普通に過ごす

完全にスルーしても良いと思いますが、たとえ無視されたとしても挨拶だけはしておくというのもおすすめです。

あとは特に話しかけなくても放っておけば良いと思います。

挨拶ができるというのは自分とその攻撃的な人だけのことのみでなく、その場の雰囲気も壊さない大人の対応なので周りからの印象も良くなりますよ。

あえて優しく接してみる

これも挨拶に通じるものがありますが、スルーすることもなく、言い返すこともなく、あえて優しく接してあげるというのも手です。

あなたに非がない場合、

攻撃的な人と攻撃されても普通に接してあげるあなた

どちらがおかしいかは周りには一目瞭然です。

なので自分のイメージアップのためにも、周りからの信頼を勝ち取っておくためにもあえて優しく接するのもおすすめです。

自分に好意的な人を大切にする

自分の事をよく思わない人もいれば、当然好きでいてくれる、味方でいてくれる人もいます。

自分の事を大切にしてくれない人を大切にする必要はないのですね。

なので攻撃してくる人はスルーしておいて、自分と自分を好きでいてくれる人だけを大切にしていけば十分です。

攻撃されたり嫌われたりしたとき気にしないようにするには

すべての人に好かれるのは難しいことを思い出す

世の中の全員に好かれるのは、どんなにいい人でも無理ですよね。

世の中の2割は無条件に好きでいてくれる、2割は無条件で嫌ってくるといいます。

なので「どうしても嫌ってくる2割のうちの一人だな~」くらいな感じで、それ以上は考えても仕方がないと割り切るのも大事です。

関わらなくて良いことを開き直る

あからさまに嫌いというのを出してくる場合は、むしろ関わらなくて済むのでラッキーです。

「この人私のこと嫌っていそうだな…」
「でも決定的な嫌がらせはしてこないから、どう接すればいいかわからない…」

という曖昧な態度が一番つらいと思います。

 

ねちねち陰気に攻撃してくる人より、わかりやすい人の方が案外対応も考えやすいので助かるのですよね^^笑

はっきりと攻撃されているならこちらも気を遣う必要もないですし、心置きなく存在をスルーしてしまいましょう

人目を気にしない人は運が良くなる

人からどう思われるかを気にしすぎると、行動が制限されて自分の望まない方向へといってしまいます。

しかし気にしないでいられれば、自分のやりたいことに積極的になれて、結果として運を掴めるという研究結果があります。

 

言われた側がずっと気になってしまうことでも、言った方はどうせ気にしてなんていません。

なので、攻撃的で嫌味な人のことは早めに忘れてしまうのが吉ですよ^^

何もしてないのに攻撃される原因や対処法まとめ

何もしてないのになぜか攻撃される…という場合には、

  • 相手の性格や気分で攻撃対象にされている
  • 嫌われてはいないが、なめられている
  • 無意識で失礼なことをしてしまった・言ってしまった
  • 偶然の出来事やすれ違いでマイナスイメージを与えた

など本当に自分に非がない場合もあれば、実は無意識に相手に不快な思いをさせていた…という場合もあります

自分の普段の言動などを振り返ってみて、思い当たる節がある場合は気をつけてみると良いでしょう。

 

しかし世の中には何をしても、何を言っても嫌ってくる人もいますし、自己中心的で話の通じない人もいます。

なので攻撃されたら

  • スルーする
  • 周りを味方につける
  • 文句を言われる隙を作らない
  • 言い返してみる
  • 相談できる人に話す

などで対処して、なるべく自分が疲れないように距離を取るようにしましょう。

コメント